映像制作、動画制作なら、東京都葛飾区のIZAKEN Planning(イザケンプランニング)にお任せください!TVCM制作、WEB動画制作、企業動画制作、イベント動画制作、発表会映像制作、TV番組制作、企業VP制作など幅広い動画・映像制作を行っています。TVCM等の動画制作費用はお客様のご予算に合わせてお見積り致します。イザケンは人の記憶に残る動画・映像を制作します。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5875-6864
外出時、お電話に出られない場合は必ずすぐにお掛け直し致します。
電話受付は常時対応しております。
公開日:2018年6月12日
最終更新日:2018年6月21日

 この記事は約 5 分で読めます。

夜景の写真
皆さんは夜景を撮影しようとして思うように撮影できなかったということはありませんか?

写真撮影で一番失敗が多く難しいとされているのが、夜景などの暗い所での撮影なのです。

今回はスマホと一眼レフ、どちらで撮影しても夜景が綺麗に撮影できるテクニックについてご紹介します。

夜景を撮影するのに向いているカメラとは?

夜景の撮影に向いているカメラと一言で言ってしまえば、一眼レフカメラということになります。

センサーが大きく、光を沢山取り込むことができるので、夜間の撮影には一眼レフでの撮影が向いているのです。

スマートフォンはセンサーが小さいので夜間の撮影には向いていないのですが、手軽に撮影を行うことができるのがスマホの利点です。

また、夜景の撮影に特化したカメラアプリがあったりとスマホでも夜景を綺麗に撮影することができるようになりました。

スマホで夜景を撮る場合

スマホで夜景の撮影
スマホでの撮影は気軽に撮影できることが利点です。

夜景をバックにしてちょっとした記念写真を撮影したいということもあるでしょう。

ただ写真を撮影するだけでは思うような夜景は撮影できません。

スマホで夜景を綺麗に撮影するにはちょっとしたコツがあります。

フラッシュは使用しない

夜間の撮影だと周りが暗いのでついついフラッシュを使ってしまいたくなります。

しかし、実はフラッシュは暗い場所での撮影に使用してしまうと撮影に失敗することが多いのです。

特に夜景の撮影ではフラッシュの光が遠くまで届きませんし、背景が真っ黒になったり不自然な影ができたりします。

フラッシュを使用しない方が自然な明るさと色味の写真を撮ることができます。

フラッシュ無しで撮影すると光量は足りなくなってしまうのですが、スマホの場合は暗い所で撮影を行うと自動的に明るくなるようカメラが自動で調整してくれます。

また、多くのカメラアプリはタッチした場所にピントを合わせてくれるようになっています。

撮影対象が暗い場合は対象物にピントを合わせるようにクリックすると撮影対象物が明るくなります。

三脚を利用し、手ブレに注意する

夜景の撮影は日中の撮影と比べて手ブレしやすいので、手で持って撮影することはあまりお勧めではありません。

手ブレを防ぐためには三脚を利用すると良いでしょう。

最近ではスマホ用の三脚も増えてきているので撮影するシチュエーションに合った三脚を利用してみてください。

夜景の撮影は三脚を使用した撮影が望ましいですが、三脚が無い場合はスマホを両手で持ち両脇をしっかり締めて、体やスマホを固定して撮影を行いましょう。

一眼レフで夜景を撮る場合

一眼レフで夜景の撮影
今までスマホで夜景を撮影する方法についてご説明してきましたが、スマホで夜景の撮影を行うとどうしてもノイズが入ってしまったりすることがあります。

本格的に夜景を撮影したいという場合には是非一眼レフカメラを使って撮影を行いましょう。

一眼レフで夜景を撮影するために用意しておくと良いもの

三脚

スマホでの撮影でも紹介しましたが、一眼レフを手に持って夜景を撮影しようとするとどうしても手ブレを起こしてしまいます。

夜景を撮影するときには是非三脚を使って撮影を行いましょう。

レリーズ

レリーズとはカメラのシャッターを切るときに離れている状態でもカメラのシャッターを切ることができる遠隔のシャッターボタンのことです。

夜景を撮影する際に直接カメラのシャッターボタンを押してしまうとカメラ本体が動いてしまい、ブレた状態で撮影されてしまいます。

レリーズを使用することでカメラ本体に触れることなく、適切なタイミングでカメラのシャッターを切ることが可能になります。

一眼レフで夜景を撮影する時に気を付けること

絞り優先で撮影する

絞りとはレンズに入ってくる光の量を調整する機能です。

絞りの値を小さくすると短いシャッタースピードで明るく撮影することができます。

ISO感度を上げる

ISO感度とは光の感度の良さを数値化したものです。

数値が大きくなればなるほど暗い場所であっても明るい写真を撮影することができます。

しかし数値を上げすぎると写真にノイズが発生するので、適切な数値に設定する必要があります。

シャッタースピードを遅くする

シャッタースピードはシャッターが開き、カメラが光を取り込んでいる時間のことを言います。

カメラの画面には1秒、1/30、1/150というように表示されます。

シャッタースピードを遅くすると、光を取り込んでいる時間が長くなりますので暗い場所でも明るく写真を撮ることができます。

しかしその間にカメラ本体を動かしてしまうと手ブレが起きてブレブレの写真になってしまいますので、夜景を撮影する場合は三脚と組み合わせて撮影を行うことをお勧めします。

スマホや一眼レフを持って夜景の撮影へ

今回はスマホと一眼レフ両方で夜景を綺麗に撮影する方法についてご説明しました。

スマホと一眼レフ、どちらで撮影する場合もちょっとしたポイントに気を付けて撮影を行うことで夜景を綺麗に撮影することができます。

夜景をバックにプロポーズや結婚記念日の撮影など、大切な思い出を綺麗に残しておくために思い切ってプロに任せてみるのも良い思い出になるのではないでしょうか。

この記事のキーワード

この記事の著者

IZAKEN Planning
IZAKEN Planning
記事一覧

著者一覧