企業VP制作(会社紹介動画・採用動画・サービス紹介動画)、プロモーションビデオ制作なら、東京都葛飾区にある動画制作・映像制作会社のIZAKEN Planning(イザケンプランニング)にお任せください! 企業VP制作、プロモーションビデオ制作、WEB動画制作、企業PR動画制作、TVCM制作、発表会映像制作、イベント映像制作など幅広い動画制作・映像制作を行っています。 商品・サービスの宣伝に、動画広告として、企業PRの為のコンテンツの1つとして動画・映像を活用してみませんか。 IZAKEN Planning(イザケンプランニング)は感動を与え、人の記憶に残るような動画・映像を制作します。 企業VP等の動画・映像制作費用に関しましてはお客様のご予算に合わせてお見積り致します。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5875-6864
外出時、お電話に出られない場合は必ずすぐにお掛け直し致します。
電話受付は常時対応しております。
公開日:2018年4月9日
最終更新日:2018年5月24日

スマホのカメラと一眼レフカメラの違い

スマホカメラと一眼レフカメラの違い
最近はスマホのカメラの性能が上がり、一眼レフカメラと比べても遜色ない写真が撮れるようになってきました。

だからこそ写真を撮る際にスマホのカメラで写真を撮る場合と、一眼レフカメラで写真を撮る場合に一体どのような違いが出るのか気になりませんか?

スマホのカメラでも一眼レフカメラに引けを取らないような写真が撮れるようになりましたが、両者を比べると手軽さや撮影できる画像など多くの違いがあります。

この記事ではスマホのカメラと一眼レフカメラのメリットとデメリットに焦点を当て、違いについて説明していきます。

スマホのカメラの特徴

スマートフォンでの撮影
スマホのカメラの特徴としては、使用しているレンズがいわゆる「広角レンズ」であるということが挙げられます。

広角レンズには画角が広いという特徴があり、見た感じよりも空間が広く写ります。

そのため広い空間を撮影したり、風景写真で遠近感が出ている写真を写すのに適しています。

しかし撮影対象の遠近感が強調されてしまいますので、スマホのカメラで集合写真を撮影すると端に写っている人は実際よりも横幅が広く写ってしまうことがあります。

逆に近いものを撮影する場合には撮影する対象物以外のものが沢山写り込んでしまいます。

スマホのカメラで撮影するメリット

スマホのカメラで撮影を行うメリットは、いつでもどこでも手軽に撮影ができるという点が挙げられます。

スマホを肌身離さず持っているという方は多いので、何か撮影したいと思った時にすぐに写真を撮ることができます。

友達と一緒に写真を撮ったり、カフェのおしゃれなメニューを撮影する場合にはとても便利であると言えます。

また撮影した画像をSNSに投稿することが簡単に行えます。

【スマホのカメラで撮影するメリット】

スマホのカメラで撮影するデメリット

スマホのカメラで撮影するデメリットはあまりありません。

強いてデメリットを挙げるとすれば、夜景等の暗闇の写真を綺麗に撮影することが難しい点です。

スマホ本体が小型な分、カメラの内部にあるセンサーの大きさも小さくなっています。

このセンサーが小さいと沢山光を集めることが出来ないからです。

【センサー(撮像素子)とは】
カメラのレンズから入った光を電気信号に変換して実際の風景を画像データに変換することができるものです。

また、スマホのカメラでは高速でピントを合わせることは難しいので動きのある撮影には向いていません。

背景をぼかした写真を撮影するのもアプリを使用する必要がありますので手間が掛かります。

【スマホのカメラで撮影するデメリット】

というデメリットが挙げられます。

一眼レフカメラの特徴

一眼レフカメラでの撮影
一眼レフカメラの特徴として、スマホに比べてセンサーが大きいというのが挙げられます。

センサーが大きいことによってその分光を多く取り込むことができます。

これによって細かな色の表現が可能になります。

また、光をより多く取り込むことができるので撮影するのが難しい夜景なども綺麗に撮影することが可能です。

そしていわゆる「ボケ」のある写真を簡単に撮ることができるのも一眼レフカメラの特徴です。

一眼レフカメラはレンズを交換することができるので、様々なシチュエーションに応じた幅広い撮影を行うことが可能です。

一眼レフカメラで撮影するメリット

一眼レフカメラで撮影するメリットとして、より高画質な画像の撮影が可能ということが挙げられます。

三脚を組み合わせて撮影を行うと、撮影するのが難しい夜景や花火もとても綺麗に撮影することができます。

また、高速で高精度のピント合わせができるレンズを使用することによって、動きの早い被写体の撮影が可能です。

例えば運動会での撮影や動物園での動物の撮影などです。

そして対象物のみにピントを合わせることができるので「ボケ」のある写真も慣れれば簡単に撮ることが可能です。

【スマホのカメラで撮影するメリット】

一眼レフカメラのデメリット

一方で一眼レフカメラのデメリットとしては最近では小型の機種も増えてきましたが、やはりスマホに比べてサイズが大きく、重いので持ち運びが不便です。

女性にとっては重さのある一眼レフカメラを一日中持ち歩くのはかなり大変なことでしょう。

カメラ本体やレンズ自体の価格が高いので気軽に写真を撮りたい場合には手を出しづらいのではないでしょうか。

また、一眼レフカメラの本体やレンズはとても繊細です。

レンズの保管や手入れにとても気を遣うので、手間が掛かります。

【一眼レフカメラのデメリット】

まとめ

スマホのカメラにも一眼レフカメラにもそれぞれメリットとデメリットが存在します。
それぞれの特徴をよく理解した上で撮影するシチュエーションに応じて上手に使い分けていきましょう。

この記事のキーワード

この記事の著者

IZAKEN Planning
IZAKEN Planning
記事一覧

著者一覧