企業VP制作(会社紹介動画・採用動画・サービス紹介動画)、プロモーションビデオ制作なら、東京都葛飾区にある動画制作・映像制作会社のIZAKEN Planning(イザケンプランニング)にお任せください! 企業VP制作、プロモーションビデオ制作、WEB動画制作、企業PR動画制作、TVCM制作、発表会映像制作、イベント映像制作など幅広い動画制作・映像制作を行っています。 商品・サービスの宣伝に、動画広告として、企業PRの為のコンテンツの1つとして動画・映像を活用してみませんか。 IZAKEN Planning(イザケンプランニング)は感動を与え、人の記憶に残るような動画・映像を制作します。 企業VP等の動画・映像制作費用に関しましてはお客様のご予算に合わせてお見積り致します。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5875-6864
外出時、お電話に出られない場合は必ずすぐにお掛け直し致します。
電話受付は常時対応しております。
公開日:2018年4月23日
最終更新日:2018年10月5日

ビデオカメラと一眼レフカメラ
運動会や結婚式のムービー撮影など、日常生活以外でも動画を撮影する機会はたくさんあります。
動画を撮影する際にどんなカメラで撮影したらいいのか悩んだことはないでしょうか?
本格的な動画を撮影したいとなると、やはりカメラにはこだわりたいものです。
そこで今回は動画の撮影用途に応じてどんなカメラで撮影したらいいのかを説明していきます。

一眼レフで動画を撮影するメリット

一眼レフカメラでの撮影
スマホのカメラと一眼レフカメラの違いとは?の記事でも一眼レフを取り上げましたが、
動画を撮影する際にも一眼レフの特徴を活かして動画を撮影することができます。
一眼レフで動画を撮影する際の一番の特徴としてボケのある映像を撮影できるという点があります。
一眼レフで写真を撮影する際と同様に動画を撮影する際にも背景をぼかした動画を撮影することが可能です。
このような特徴を活かして背景をぼかしたり、特定の対象物だけにピントを合わせることで、まるで映画のワンシーンのような動画を撮影することができます。
また、一眼レフはセンサーが大きく光を取り入れやすいので室内での撮影や夜間の撮影でも綺麗な映像を撮影するのに向いています。
一眼レフはレンズの交換もできるので、様々なレンズを使用して動画のバリエーションを増やしたい方にはおすすめです。

一眼レフで動画を撮影するメリットのまとめ

一眼レフで動画を撮影するデメリット

一眼レフで動画を撮影するデメリットとして長時間の撮影に向いていないという点が挙げられます。
一眼レフは元々写真撮影用に作られているため、動画撮影の際にはバッテリーの消費が早くなり、長時間一眼レフを持って撮影を行うと手が疲れてしまいます。
ピントが外れることもあるので何度もピントを合わせることになったり、ズームをする場合にも両手で行う必要がありますので手間が掛かります。
また、一眼レフの機種によっては長時間の録画が出来ない場合がありますので注意が必要です。

一眼レフで動画を撮影するデメリットのまとめ

ビデオカメラで動画を撮影するメリット

ビデオカメラでの撮影
ビデオカメラで動画を撮影する際のメリットとして長時間の撮影に向いているという点が挙げられます。
動画を撮ることに特化して作られているので、カメラが持ちやすく作られており、ズームも片手で行うことができるので手が疲れません。
また、動いている被写体に対するオートフォーカス機能が優れているため、撮りたい場面をしっかりと捉えることができます。
手ブレ補正機能が優れているのでブレの少ない動画を撮影するのに向いています。
ビデオカメラはバッテリーの持ちが良いので30分を超えるような長時間の連続撮影がしたい方にはおすすめです。

ビデオカメラで動画を撮影するメリットのまとめ

ビデオカメラで動画を撮影するデメリット

ビデオカメラで動画を撮影するデメリットとしては部屋の中や夜の撮影に弱いということが挙げられます。
また画面全体にピントが合った状態で撮影を行うので、背景をぼかした映像を撮影するのは難しいです。
ビデオカメラはレンズを交換することができないので撮影できる動画のバリエーションは少なくなります。

ビデオカメラで動画を撮影するデメリットのまとめ

一眼レフで撮影するのにおすすめの動画のシチュエーション

ボケを生かした鳥の撮影
・ボケを生かした近距離での動画撮影を行いたいとき
・映画のようなドラマティックな動画を撮影したいとき
・室内で短時間の動画撮影を行いたいとき

ビデオカメラで撮影するのにおすすめの動画のシチュエーション

運動会での撮影
・長時間の撮影を行いたいとき
・動きのある被写体を撮影したいとき
・高音質で動画を撮影したいとき

まとめ

一眼レフとビデオカメラ、それぞれ得意な撮影の分野がありますので撮影用途に応じて購入を検討したり、使い分けることが重要です。
カメラを上手に使い分けて、貴重な思い出を動画で美しく残しておきましょう。

この記事のキーワード

動画制作・映像制作ならIZAKEN Planning(イザケンプランニング)にお任せください!


動画を使っての集客、商品やサービスのPRをしたいけれどもどうやって動画を活用したらよいのか分からない、動画を撮影してみたけれども思ったような映像に仕上がらなかった、といったお悩みはありませんか?
そんな時にはIZAKEN Planning(イザケンプランニング)に一度ご相談下さい!
IZAKEN Planning(イザケンプランニング)では集客や企業のPRに繋がるような動画を制作します。

そんなご要望に応える動画を制作致します。

IZAKEN Planning(イザケンプランニング)ではこのような映像・動画を制作します!

企業VP制作

企業VPとはVideo Package(ビデオパッケージ)の略称で、企業のサービス、商品、イベント紹介、社内マニュアル等を紹介する用途で利用される動画のことです。
映像とナレーションを使用し動画で発信することで、文字だけでは伝えきれない情報を分かりやすく伝えることができます。
制作した動画は商品紹介、イベント紹介などで活用することで、商品の売り上げが上がったり、問い合わせが増えます。
また、企業紹介、リクルート活動などで動画を活用すると企業のイメージアップになるだけでなく、求人への応募者の増加に繋がります。

WEB動画制作

現代ではインターネットの普及によってテレビでなくても動画を視聴することができるようになりました。
テレビを観ない層にもアプローチが可能になるのがWEB動画です。
制作した動画は会社のホームページに載せることもできますし、動画配信サイトにアップロードしたり、SNSで拡散することもできます。
動画が動画配信サイトやSNSで動画が拡散されることで、商品やサービスの認知度が上がるので見込み客が増え、その結果商品・サービスの売り上げが上がったり、問い合わせが増加します。

TVCM制作

テレビCMは私たちが何気なくテレビ番組やYouTubeを視聴していても目に飛び込んできます。
IZAKEN Planning(イザケンプランニング)では会社の雰囲気や社風も感じられるようなTVCMを作成致します。
「真面目できっちりとした印象を与えたい」「明るく活気のある印象を与えたい」等動画によって自社のイメージをはっきりとさせることで企業のブランディング化を図ることができますので
自社への問い合わせが増加します。

イベント映像制作

映像を制作し、イベント会場で映像を使用することで来場者を惹きつけ、自社の商品やサービスに興味を持ってもらうことができます。
自社の商品やサービスをインパクトのある映像や音楽を組み合わせた動画にのせることによって、他社との差別化を図ることができます。
動画で来場者を惹きつけることで、商品やサービスの見込み客を増やすだけでなく、その先にある商品の売り上げアップ、サービスの利用者の増加に繋げることができます。

IZAKEN Planning(イザケンプランニング)ではこのような映像・動画作品を制作しています

制作実績はこちら

費用に関しましてはお客様のご予算に合わせてお見積り致します。
まずは一度ご相談ください。

この記事の著者

IZAKEN Planning
IZAKEN Planning
記事一覧

著者一覧