企業VP制作(会社紹介動画・採用動画・サービス紹介動画)、プロモーションビデオ制作なら、東京都葛飾区にある動画制作・映像制作会社のIZAKEN Planning(イザケンプランニング)にお任せください! 企業VP制作、プロモーションビデオ制作、WEB動画制作、企業PR動画制作、TVCM制作、発表会映像制作、イベント映像制作など幅広い動画制作・映像制作を行っています。 商品・サービスの宣伝に、動画広告として、企業PRの為のコンテンツの1つとして動画・映像を活用してみませんか。 IZAKEN Planning(イザケンプランニング)は感動を与え、人の記憶に残るような動画・映像を制作します。 企業VP等の動画・映像制作費用に関しましてはお客様のご予算に合わせてお見積り致します。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5875-6864
外出時、お電話に出られない場合は必ずすぐにお掛け直し致します。
電話受付は常時対応しております。
公開日:2019年5月17日
最終更新日:2019年5月24日

ロケ場所での撮影を行う時に気を付けたいこととは?


最近では動画コンテンツが大きな注目を集めています。
企業向けの撮影だけでなく、個人の方が動画をYouTubeなどの動画共有サービスにアップロードする為にロケでの撮影を行う機会も増えてきています。
屋外での撮影は知識を持っていないと、思わぬトラブルに巻き込まれることがあります。
ロケでの撮影を行う際には動画制作会社に依頼している場合は制作会社の方が撮影許可を取ってくれることがほとんどですが、個人の方がロケで動画撮影を行う場合には自分で撮影許可を取る必要がある場合があります。
そこで今回はロケで動画撮影を行う際の注意点と撮影許可を得る方法についてご紹介致します。

ロケ場所での撮影を行う前に知っておきたい注意点について

肖像権の侵害や著作権を侵害していないかどうか注意する


ロケでの撮影は、企業のロゴやキャラクター等の商標物が撮影した映像に写ってしまう場合があります。
著作権法では、撮影した動画内に企業ロゴや看板、キャラクターが映り込んでしまったり、撮影していた時に流れていた音楽が取り込まれた動画を放映したり動画共有サービスに動画をアップロードすることは著作権侵害に当たらないとしています。

しかし、商用利用の動画を撮影する際に建物や看板、キャラクターが動画の中のメインとして扱われる場合には事前に所有者に許可を得る必要があります。
また、会社の紹介動画の撮影で社員が動画に出演したり、一般の方にインタビューを行うような動画を撮影する場合にも出演している本人に許可を得る必要があります。
許可を得ることなく動画を放映したり、インターネット上で公開すると肖像権の侵害にあたります。

事前に撮影場所での撮影許可を得ておく

公園や街中でロケで動画撮影を行う際にはその場所を管理している管理事務所に撮影許可を取る必要があります。
人の少ない平日の時間帯や短時間での撮影であっても撮影許可は必要です。
特に個人の方には撮影のルールが浸透しておらず、無許可で撮影している方も見受けられます。
しかし、無許可で撮影を行っていると、管理事務所の方や警備員の方に撮影を止められてしまう可能性があります。
どうしてもその日に撮影しなければならない等、大切な撮影の場合には必ず事前に撮影許可を得ましょう。

撮影許可を得る必要のない事例について

公園や街中で動画を撮影する時には必ず撮影許可が必要というわけではありません。
家族や友達をスマホやビデオカメラで撮影し、個人で楽しむなど、私的な利用に留まる場合には撮影の許可を得る必要はありません。

動画撮影の許可を得る方法について

公園での撮影許可を得る方法


公園には必ず管理している管理事務所や自治体の窓口が存在します。
撮影を予定している管理事務所や自治体に連絡して、撮影企画書を事前に提出しましょう。
自治体によってはホームページ上で申請の方法を紹介している所もあります。
東京都内の公園であれば、建設局のホームページから公園の管理所を探すことができます。

商業施設での撮影許可を得る方法


商業施設や観光スポットで撮影を行う場合は、施設に直接連絡して撮影許可を得る必要があります。
撮影許可が出る基準は各施設によって大きく異なります。

下記のケースも考慮しておくと良いでしょう。

企画段階から商業施設での撮影を考えている場合には事前に確認をしておくと良いでしょう。

道路での撮影許可を得る方法


道路で撮影を行う場合には管轄の警察署への道路使用許可申請書を提出する必要があります。
道路の所在地によって管轄の警察署が異なりますので、事前に調べておく必要があります。
東京都内の道路で撮影を行う場合には警視庁のホームページから該当する道路の管轄の警察署を探すことができます。
また、道路を占拠して撮影する場合には、事前の準備や手続きが重要になります。
管轄の警察署に行き、担当者の方に相談しながら申請を行いましょう。

ロケでの撮影の注意点や撮影許可についての理解を深めて、ロケでの動画撮影を成功させましょう

最近では誰でも手軽に動画を撮影し、インターネット上で公開できるようになりました。
ロケでの撮影に関して知らず知らずのうちに著作権や肖像権を侵害してしまっていたり、無許可での撮影を行っていることがあります。
動画は誰でも手軽に見ることができ、見る人に大きなインパクトを与えることができます。
撮影した動画を最大限に活用できるように、ロケでの撮影で注意することや撮影許可の方法をしっかりと身につけていきたいですね。

この記事のキーワード

動画制作・映像制作ならIZAKEN Planning(イザケンプランニング)にお任せください!


動画を使っての集客、商品やサービスのPRをしたいけれどもどうやって動画を活用したらよいのか分からない、動画を撮影してみたけれども思ったような映像に仕上がらなかった、といったお悩みはありませんか?
そんな時にはIZAKEN Planning(イザケンプランニング)に一度ご相談下さい!
IZAKEN Planning(イザケンプランニング)では集客や企業のPRに繋がるような動画を制作します。

そんなご要望に応える動画を制作致します。

IZAKEN Planning(イザケンプランニング)ではこのような映像・動画を制作します!

企業VP制作

企業VPとはVideo Package(ビデオパッケージ)の略称で、企業のサービス、商品、イベント紹介、社内マニュアル等を紹介する用途で利用される動画のことです。
映像とナレーションを使用し動画で発信することで、文字だけでは伝えきれない情報を分かりやすく伝えることができます。
制作した動画は商品紹介、イベント紹介などで活用することで、商品の売り上げが上がったり、問い合わせが増えます。
また、企業紹介、リクルート活動などで動画を活用すると企業のイメージアップになるだけでなく、求人への応募者の増加に繋がります。

WEB動画制作

現代ではインターネットの普及によってテレビでなくても動画を視聴することができるようになりました。
テレビを観ない層にもアプローチが可能になるのがWEB動画です。
制作した動画は会社のホームページに載せることもできますし、動画配信サイトにアップロードしたり、SNSで拡散することもできます。
動画が動画配信サイトやSNSで動画が拡散されることで、商品やサービスの認知度が上がるので見込み客が増え、その結果商品・サービスの売り上げが上がったり、問い合わせが増加します。

TVCM制作

テレビCMは私たちが何気なくテレビ番組やYouTubeを視聴していても目に飛び込んできます。
IZAKEN Planning(イザケンプランニング)では会社の雰囲気や社風も感じられるようなTVCMを作成致します。
「真面目できっちりとした印象を与えたい」「明るく活気のある印象を与えたい」等動画によって自社のイメージをはっきりとさせることで企業のブランディング化を図ることができますので
自社への問い合わせが増加します。

イベント映像制作

映像を制作し、イベント会場で映像を使用することで来場者を惹きつけ、自社の商品やサービスに興味を持ってもらうことができます。
自社の商品やサービスをインパクトのある映像や音楽を組み合わせた動画にのせることによって、他社との差別化を図ることができます。
動画で来場者を惹きつけることで、商品やサービスの見込み客を増やすだけでなく、その先にある商品の売り上げアップ、サービスの利用者の増加に繋げることができます。

IZAKEN Planning(イザケンプランニング)ではこのような映像・動画作品を制作しています

制作実績はこちら

費用に関しましてはお客様のご予算に合わせてお見積り致します。
まずは一度ご相談ください。

この記事の著者

IZAKEN Planning
IZAKEN Planning
記事一覧

著者一覧