企業VP制作、プロモーションビデオ制作なら、東京都葛飾区にある動画制作・映像制作会社のIZAKEN Planning(イザケンプランニング)にお任せください! 企業VP制作、プロモーションビデオ制作、WEB動画制作、企業PR動画制作、TVCM制作、発表会映像制作、イベント映像制作など幅広い動画制作・映像制作を行っています。 商品・サービスの宣伝に、動画広告として、企業PRの為のコンテンツの1つとして動画・映像を活用してみませんか。 IZAKEN Planning(イザケンプランニング)は感動を与え、人の記憶に残るような動画・映像を制作します。 企業VP等の動画・映像制作費用に関しましてはお客様のご予算に合わせてお見積り致します。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5875-6864
外出時、お電話に出られない場合は必ずすぐにお掛け直し致します。
電話受付は常時対応しております。
公開日:2018年7月26日
最終更新日:2018年10月5日

動画を作成する際に動画のにタイトルや字幕、テロップなどを付けてみたいと思ったことはありませんか?

Adobe Premiere Pro CCの機能を使用すると動画にタイトルや字幕、テロップを追加することができます。

今回の記事ではAdobe Premiere Pro CCを使用して動画にタイトルを付ける方法についてご案内します。

動画にタイトルを追加する方法

最初に左上の「ファイル」をクリックします。「新規」にカーソルを合わせ、メニュー一覧の「レガシータイトル」クリックします。

新規タイトルを入力するボックスが表示されますので、タイトル名を入力してOKボタンを押します。

OKボタンを押すとタイトルプロパティとタイトルパネルが表示されます。

パネルの左側には文字ツールや図形描画ツールが配置されています。

そしてその下には文字や図形を整列させるための整列ツールが揃っています。

以上のツールを使用してタイトルを作成していきます。

任意の位置にタイトルを配置する方法

また、パネル上部にタイマーが表示されています。

カーソルをタイマーの上に合わせるとポインターが手の形に変わります。

この状態でポインターを左右に動かすと動画を自由に再生することができます。

タイトルを特定の位置に配置したい時や、ビデオを背景にしながらタイトルカラーを選ぶことができるのでとても便利です。

タイトルを入力する方法

タイトルを動画に配置するには左上にある文字ツールを選択し、タイトルを入力します。

また、パネルの下部には様々な文字スタイルがあります。

好みの文字スタイルがある場合は、クリックすることで簡単に適用することができます。

文字スタイルの変更

タイトルの位置や文字サイズの変更など編集内容に応じて、パネル右側のプロパティエリアの数値が変わります。

青色になっている部分は現在適用されている設定なので、プロパティパネルで数値を変更することで文字スタイルを細かく変えることができます。

テキストに色を追加する方法

テキストに色を付けたい場合には、右下にあるカラーピッカーから選択しても良いですし、スポイトツールを利用すると映像内の色を取り込むことができます。

また、テキストに影やストロークと呼ばれる縁取りの加工を付けることができます。

右下のパネルをスクロールしていくとストロークの項目があります。

この項目を操作することで影やストロークのオンとオフの切り替えを行ったり、ストロークの色を変更することができます。

また、ストロークの幅も自由に変更することができます。

自分で作成した文字スタイルを保存する方法

自分で作成した文字スタイルを保存することができます。

一度文字スタイルを保存しておくとまた同じスタイルを適用したい場合に使用することができます。

タイトルスタイルと書かれている横の3本線のボタンをクリックし、メニューから新規スタイルを選択し、名前をつけてOKボタンをクリックすると新しいスタイルを作成することができます。

また、パネルを閉じるとタイトルは自動でプロジェクトパネルに保存されます。

文字タイトルを動画に配置する方法

作成したタイトルは自動でプロジェクトパネルに保存されます。

この保存されたタイトルを配置するには、タイムラインパネルにある動画のシーケンスの上に配置します。

すると自動でタイトルのシーケンスが作成されます。

タイトルを配置する際には動画のシーケンスに上書きしないように注意して下さい。

タイトルの長さを調整する方法

タイトルを表示させる長さを調整するには、タイトルのシーケンスにカーソルを合わせると表示したい時間の長さに変更できます。

タイトルにトランジションを適用する方法

また、動画と同様にタイトルにもエフェクトを適用することができます。

ここではクロスディゾルブを選択します。

タイトルのシーケンス上にエフェクトを配置します。

タイトルにエフェクトが適用されました。

動画素材にタイトルとトランジションを配置した動画がこちらです。

動画にテロップや字幕を追加する場合の注意点

今回はタイトルの追加方法について説明しましたが、タイトルと同様にテロップや字幕を動画に追加することもできます。

テロップや字幕を追加する際の注意点についてですが、あまりにも長い文章をテロップや字幕にしてしまうと動画を見る人は文字と動画を一度に追っていくので疲れてしまいます。

動画と文字の両方がバランス良く見えるように、テロップや字幕は適切な長さになるように調整しましょう。

また、テロップや字幕の内容についてですが、文章を短くした場合でも内容が伝わりやすい表現になるように心掛けると良いでしょう。

Adobe Premiere Pro CCを使いこなして動画を編集しましょう

4回に渡ってAdobe Premiere Pro CCを使用した動画の編集方法についてご案内しました。

慣れない内は動画の編集作業を行うのは難しいこともあるでしょう。

また、使い方を理解して使いこなすまでには時間もかかります。

そんな時には思い切ってプロに任せてしまうのはいかがでしょうか。

IZAKEN PlanningではTVCM制作、WEB動画制作、企業動画制作、イベント動画制作、発表会映像制作、TV番組制作など幅広い動画・映像制作を行っています。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

この記事のキーワード

動画制作・映像制作ならIZAKEN Planning(イザケンプランニング)にお任せください!


動画を使っての集客、商品やサービスのPRをしたいけれどもどうやって動画を活用したらよいのか分からない、動画を撮影してみたけれども思ったような映像に仕上がらなかった、といったお悩みはありませんか?
そんな時にはIZAKEN Planning(イザケンプランニング)に一度ご相談下さい!
IZAKEN Planning(イザケンプランニング)では集客や企業のPRに繋がるような動画を制作します。

そんなご要望に応える動画を制作致します。

IZAKEN Planning(イザケンプランニング)ではこのような映像・動画を制作します!

企業VP制作

企業VPとはVideo Package(ビデオパッケージ)の略称で、企業のサービス、商品、イベント紹介、社内マニュアル等を紹介する用途で利用される動画のことです。
映像とナレーションを使用し動画で発信することで、文字だけでは伝えきれない情報を分かりやすく伝えることができます。
制作した動画は商品紹介、イベント紹介などで活用することで、商品の売り上げが上がったり、問い合わせが増えます。
また、企業紹介、リクルート活動などで動画を活用すると企業のイメージアップになるだけでなく、求人への応募者の増加に繋がります。

WEB動画制作

現代ではインターネットの普及によってテレビでなくても動画を視聴することができるようになりました。
テレビを観ない層にもアプローチが可能になるのがWEB動画です。
制作した動画は会社のホームページに載せることもできますし、動画配信サイトにアップロードしたり、SNSで拡散することもできます。
動画が動画配信サイトやSNSで動画が拡散されることで、商品やサービスの認知度が上がるので見込み客が増え、その結果商品・サービスの売り上げが上がったり、問い合わせが増加します。

TVCM制作

テレビCMは私たちが何気なくテレビ番組やYouTubeを視聴していても目に飛び込んできます。
IZAKEN Planning(イザケンプランニング)では会社の雰囲気や社風も感じられるようなTVCMを作成致します。
「真面目できっちりとした印象を与えたい」「明るく活気のある印象を与えたい」等動画によって自社のイメージをはっきりとさせることで企業のブランディング化を図ることができますので
自社への問い合わせが増加します。

イベント映像制作

映像を制作し、イベント会場で映像を使用することで来場者を惹きつけ、自社の商品やサービスに興味を持ってもらうことができます。
自社の商品やサービスをインパクトのある映像や音楽を組み合わせた動画にのせることによって、他社との差別化を図ることができます。
動画で来場者を惹きつけることで、商品やサービスの見込み客を増やすだけでなく、その先にある商品の売り上げアップ、サービスの利用者の増加に繋げることができます。

IZAKEN Planning(イザケンプランニング)ではこのような映像・動画作品を制作しています

制作実績はこちら

費用に関しましてはお客様のご予算に合わせてお見積り致します。
まずは一度ご相談ください。

この記事の著者

IZAKEN Planning
IZAKEN Planning
記事一覧

著者一覧