企業VP制作(会社紹介動画・採用動画・サービス紹介動画)、プロモーションビデオ制作なら、東京都葛飾区にある動画制作・映像制作会社のIZAKEN Planning(イザケンプランニング)にお任せください! 企業VP制作、プロモーションビデオ制作、WEB動画制作、企業PR動画制作、TVCM制作、発表会映像制作、イベント映像制作など幅広い動画制作・映像制作を行っています。 商品・サービスの宣伝に、動画広告として、企業PRの為のコンテンツの1つとして動画・映像を活用してみませんか。 IZAKEN Planning(イザケンプランニング)は感動を与え、人の記憶に残るような動画・映像を制作します。 企業VP等の動画・映像制作費用に関しましてはお客様のご予算に合わせてお見積り致します。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:03-5875-6864
外出時、お電話に出られない場合は必ずすぐにお掛け直し致します。
電話受付は常時対応しております。
公開日:2018年8月29日

360度動画やVR動画について

最近ではVR動画や360度動画といった新しい形の動画が見られるようになりました。

360度動画って何?という方に向けた360度動画の説明やVR動画との違いについてもご説明します。

VR動画、360度動画って何?


360度動画やVR動画というのは一体どういったものなのでしょうか。

ある1点から上下左右全ての方向を見ることができる、あるいはそのように撮影されている動画のことを360度動画やVR動画と呼びます。

VR動画と360度動画の違い

VR動画の特徴

最近ではVRのコンテンツが増えてきています。
VRを活用した動画はまるで自分が違う空間、仮想世界に飛び込んだような体験をすることができますので強いインパクトを感じられると言えるでしょう。

しかしVRコンテンツを楽しむにはHMD(ヘッドマウントディスプレイ)が必要になってきます。

簡易的なHMD(ヘッドマウントディスプレイ)のキットを利用してスマホで手軽にVRを体験することができるようになったとはいえ、まだまだ普及しているとは言えない状況です。

360度動画の特徴

一方で360度動画の場合は自分自身で操作し視点を動かしながら視聴ができます。

自分が向いている位置によって視点が変わるので右方向を向くと右側の景色を見ることができ、左を向けば左側の景色を見ることができます。

最近では動画投稿サービスのYouTubeが360度動画のサービスを始めました。

自分で撮影した360度動画をアップロードできるだけでなく、動画を視聴する際には左上にある矢印をクリックすることで、自分が見たい景色を自由に見ることができます。

360度動画はHMDやゴーグルを持っていなくても楽しむことができる

VRの場合は先述した通り、HMDやゴーグルを持っていないとVRが持つ仮想世界に飛び込むという感覚を味わうのはどうしても難しくなります。

しかし360度動画の場合はHMDやゴーグルを持っていない場合でも手軽に視聴することができます。

VR動画と同じように自分の見たい方向に視点を動かして景色を見ることができますし、スマホやタブレットを使用して360度動画を視聴すれば、見たい方向とは逆方向に指をスワイプさせると視点を自由に変えることができます。

PR動画としても成果を出すことのできる360度動画

また360度動画は個人で楽しむだけでなく、企業のPR動画としても活用できるコンテンツです。

通常の動画でも商品やサービスをアピールすることができますが、360度動画は実際に自分が動画の中にいるように感じられるので、より印象に残るPR動画にすることができるのです。

360度動画の活用事例

体験型の360度動画


ホテルやリゾート施設の施設内や、リゾートの疑似体験をしてもらいたい場合、360度動画を利用すると良いでしょう。

また、テーマパークやアトラクションの宣伝にも有効です。

実際にアトラクションを楽しんでいるかのような光景を様々な角度から見られるようにすると多くの人に興味・関心を持ってもらいやすくなるでしょう。

リアルなライブ映像の360度動画

アーティストの知名度を上げたりCD、DVD等の購入を促したりする際も360度動画を利用しましょう。

通常の動画ですとカメラでアーティストを追いかけるのでどうしても全体の雰囲気を完全に感じることは難しくなります。

それが360度動画ですと任意の角度に調整ができるのでより臨場感のあるライブやMVになります。

これらの360度動画を広告動画として利用すればアーティストの認知度を高めることができます。

また、アーティストの宣伝だけでなくスポーツ中継にも360度動画を利用することは効果的です。

通常の動画であれば活躍する選手のみがピックアップされるため、動画に映らない選手も出てきます。

360度動画であれば別のアングルに映っている選手のことも見ることができるようになります。

より世界観に引き込むような360度動画

360度動画を活用した動画は通常の動画と比べてより映像の世界観に引き込まれるような疑似体験ができる動画も存在します。

360度動画を利用することでよりリアルでスリルのある体験ができますので、見た人に強い印象を与えることができます。

立体感を出したアピールを行いたい場合も360度動画は効果的です。

YouTubeやスマホで気軽に視聴できて、PRにも効果的な360度動画

360度動画はスマホなどで気軽に楽しむことができますし、様々な活用方法があります。

カメラをぐるっと1周させて撮影を行い、映像をつなぎ合わせるだけで簡単に360度動画を作成することができますし、360度静止画撮影で有名なTHETA(シータ)シリーズを使用することでも360度動画の撮影が可能となっています。

次回の記事ではより詳しく360度動画やVR動画の撮影方法についてご紹介します。

この記事のキーワード

この記事の著者

IZAKEN Planning
IZAKEN Planning
記事一覧

著者一覧